BLOG

台湾出張1日目・松山空港から台湾入り

こんにちは!日本夜景オフィスの中村です。
イルミネーション真っ最中ですね。イルミネーション楽しんでいますか?
私は、今日から今年最後の台湾出張です。
今回は、いつもより長めで約1ヶ月間滞在します。
そう。台湾で初めて年越しを経験します!
台湾各地の夜景スポット取材と台北の年越しの様子の取材が目的です。

羽田空港からANA機内へ

事務所がある海老名から羽田空港までは、高速バスが便利でいつも利用しています。
予約不要で、電車のように乗り換えや混雑から解消されるのでおすすめですよ。

今回利用する航空会社はANA。
ANAアプリにて事前チェックインでスムーズに、出国ゲートへ。
時間に余裕がある際はラウンジを利用しますが、今回は搭乗まであまり時間がなかったので、搭乗口近くのワークスペースで原稿の執筆。
コンセントがあるので、PCやスマホの充電が助かります。
羽田空港のWiFiは相変わらずつながりづらいので、あまり当てにできないですね。

搭乗時間になり搭乗、そして離陸。
機内食は、和食をチョイスしました。うな玉丼です。
柔らかいウナギと玉子、こんなにマッチするのですね。

台北・松山空港でSIM調達

機内で仕事をしているとあっという間に台湾へ到着です。
いつもは桃園空港から台湾入り、ですが今回は初めて松山空港から台湾入りです。
台湾に行かれたからなら分かるかと思いますが、桃園空港から台北市街までは、少々距離があるのです。それにくらべ松山空港は台北市街にあるため、アクセスが圧倒的に便利なのです!

松山空港に到着したらまず調達するのが通信環境です。
日本であらかじめ調達するのもありですが、現地調達が断然安いです。
SIMカードの購入かWiFiルーターのレンタルの2つの手段がありますが、私はいつもSIMカードを購入しています。
メリットは、返却不要であること。また、持ち歩く機器を増やさなくてよいことです。
SIMフリーかつテザリング可能なスマホの方はSIMカードの購入が便利ですよ。
私も、手持ちのSIMフリーiPhoneSEはテザリングも可能なので助かっています!

松山空港に訪れた際に見逃せないのが展望デッキです。
この展望デッキが夜景スポットとなっており、離発着する飛行機と台北市街の北側の夜景を望むことができます。空港利用時に立ち寄りたいオススメの夜景スポットです!
台北の松山空港の夜景スポット情報はこちらから

台北市街の夜景撮影のため、松山空港駅から大安森林公園駅まで向かいます。
台北市内は、地下鉄(MRT)での移動が便利です。日本のSuicaやPASMOの様に、台湾にも交通系ICカードがあります。
EASY CAEDといい、電車に乗る以外にもコンビニなどでの買い物でも使えるので便利です。
いつも台湾に着いたら駅でチャージします。今回は、300台湾元程チャージしました。これくらいでしばらくは足りてしまいます。

ガラス張りの美しい外観の大安森林公園駅

松山空港駅から大安駅で淡水信義線(レッドライン)に乗り換えて大安森林公園駅へ。
大安森林公園駅は中からはわかりづらいですが、ガラス張りのお洒落な外観で、写真映えします。
ここも台北の夜景スポットの1つです。
マジックアワーの時間帯は、建物と空を絡めて撮るのがポイントです!
大安森林公園駅の夜景スポット情報はこちらから

台北101の撮影ポイント・四四南村

続いて、大安森林公園駅から台北101/世貿駅へ移動します。
地下の駅から地上へ出ると、一際存在感を放つのが台北101です。
台北101も台湾を代表する夜景スポットですが、今回は四四南村へ向かいます。
四四南村は元々軍人の居住地でしたが、現在は観光スポットとして開放されています。
ここからレトロな建物と台北101を一緒に撮影することができます。
四四南村の夜景スポット情報はこちらから

夕飯は鍋?ラーメン?東坡麻辣燙滷味

夜景撮影後は今回の台湾出張で初の食事です。
三民高中駅で下車し向かったのは「東坡麻辣燙滷味」というお店です。
具材を選んで、ぐつぐつと煮込んでくれます。
見た目はラーメンみたいですが、おでんに近い料理かなと思います。スープまで飲めます!

明日以降も現地の様子を発信していきますので、楽しみにしていてください!

関連記事一覧